世界最古のバザールの様子は?

サラーム!ヒロアキです。

エスファハーンから夜行バスで次の街、タブリーズへと移動してきました。

map_esfahan-tabeiz

タブリーズはトルコとの国境が目前の街。東西交易の交差路として栄えてきたこの街には、なんと世界最古のバザールがあるのです。このバザールは世界遺産にも登録されています。

タブリーズ滞在は1日だけの僕らは、早速バザールへと向かいます!

DSCF7049
いろんな人に「写真撮れ!」って言われて撮りました。タブリーズは観光地としてそこまでメジャーではないようなので、外国人が珍しいみたいです。

バザール入り口にいた梨売りのおじさん。梨ひとつサービスでもらいました!
DSCF7055

こちらはチーズ屋さんのおじさん。タブリーズはチーズが名産です。味は少し酸味があって、ヨーグルトのようなチーズのような・・・?という感じの不思議な味でした。DSCF7067

このレンガみたいなやつは、砂糖です。
DSCF7059

イランではチャイ(紅茶)を飲むのですが、砂糖はお茶に入れず、お茶菓子として食べます。これがめっちゃウマイのです。レンガみたいな砂糖にテンションが上がって買っちゃいました。

スパイス屋のお兄さん。笑顔が素敵です。
DSCF7079

絨毯屋のおじいさん、雰囲気最高!絨毯に埋もれてる感じが良いです。
DSCF7091

イランの各地でつくられたペルシャ絨毯が、このタブリーズのバザールに運ばれて売られるそうです。無造作に並べられた絨毯ですが、すっごくお高そうな重厚なものばかりでした。

DSCF7119

DSCF7117

バザールの中にはチャイハネ(カフェ)もあって、チャイを飲めます。たまたま話しかけてくれたお爺さんにお茶をごちそうしていただくことになりました。

DSCF7108

このチャイハネの雰囲気もまた良い!!釜で温めているチャイも、水たばこもすごく良い。

DSCF7100

ごちそうしてくれたおじいさん。
DSCF7113

今まで見てきた世界遺産は、主に建物や庭園など『人が作ったもの』でした。
でも、このタブリーズのバザールの主役は『人そのもの』なのです。建物はもちろん素晴らしいのですが、今でもバザールで働いている人々がいるからこそ世界遺産としての価値がある、そう感じさせる場所でした。

なんでもコメントしてください!

関連記事

中東のメトロポリスは規模が違う!

アッサラームアライクム! naruです。 ネパールから一気に飛んできたのは、アラブ首長国連邦のひとつドバイ! オイルマ...

記事を読む

ワンの街をぶらぶら・・・トルコいい国!

メルハバ!ヒロアキです。 トルコに入って2日目。昨日着いたのが夜遅かったのでごはんを食べただけでしたが、今日は早速街を...

記事を読む

大げさだけど「世界の半分」を手に入れた気分

サラーム、naruです。 リアルタイムはチェコのプラハ。冬の東欧は寒い! 12月半ばから止まらない鼻水で、鼻の下が荒野の...

記事を読む

カッパドキアで絶対に乗りたかったもの!

メルハバ! naruです。 リアルタイムはスウェーデン。首都ストックホルムをさらりと飛ばして船で約3時間、ゴットランド島...

記事を読む

親切なエロイラン人に案内してもらった話

サラーム!ヒロアキです。 テヘランから次の都市、シーラーズへと移動します。イランはバスがものすごく発達しています。主要...

記事を読む

イラン入国に4時間かかりました。

サラーム!ヒロアキです。 ドバイで食あたりにあって、ドバイ観光は大変でした。けっこうボロボロですが、そのまま深夜のフラ...

記事を読む

イランについて知った3つのこと

サラーム! naruです。 イランに来て、驚いたことがいくつかあります。 1.想像以上に都会だったこと 街路樹が多く...

記事を読む

小さなモスクの世にも美しい絶景

サラーム! naruです。 シーラーズはぶどうが名産品。せっかくなのでバザールで干しぶどうを買いました。寡黙なおじちゃん...

記事を読む

言葉が通じないタクシーをチャーターして・・・

サラーム!ヒロアキです。 シーラーズの、いやイランの一大観光スポットと言っても過言ではないのが『ペルセポリス』です。ア...

記事を読む

トルコ入国3日目にして警察のお世話になる

メルハバ!ヒロアキです。 ワンの街がいい雰囲気で、もっと滞在したかったのですが、トルコ滞在は約2週間で次の予定が決まっ...

記事を読む

ad

ad

NEW ENTRY

  • ブログ村ランキング

    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周 クリックして応援をよろしくおねがいします