小さなモスクの世にも美しい絶景

サラーム! naruです。
シーラーズはぶどうが名産品。せっかくなのでバザールで干しぶどうを買いました。寡黙なおじちゃんがオマケしてくれて、スーパーのビニール袋いっぱいに手に入れたぶどう。そのまま食べてもいいけれど、パンと一緒に食べて口の中でレーズンパンにするのが私たちのプチブームに♪ 甘みが凝縮されていて、とても美味しかったです。

さて、シーラーズ2日目は早起きをして、7時半に行動開始。

そのわけは「ローズ・モスク」と呼ばれる、ステンドグラスに彩られた世にも美しいモスクを一目見るため!

正式な名前は「マスジェデ・ナスィーロル・モスク」。私たちにも呼びやすい「ローズ・モスク」という別名は、モスクを飾るタイルにピンク色の薔薇が描かれていることからきているそう。ここでは太陽の角度が低い冬の早い時間にだけ、壁一面に張られたステンドグラスに朝日がさしこみ、モスクの中をきれいに照らすのだとか。

到着したモスクは、思ったよりこじんまり。開門は8時かと思っていたら、8時半。
同じくローズ・モスクが目的の中国人女子4人組と一緒に、その時を待ち……

DSC06576

時間通りにやってきたおばちゃんが、ついに開門。
目的のモスクは入ってすぐ右手。扉の外から中を見た瞬間、美しさに息を飲みました。

DSCF6580

DSCF6675

DSCF6690

DSCF6701

色鮮やかなステンドグラスに、アーチが連なる建物の緻密なバランス、床一面に敷かれた細かな模様のペルシャ絨毯。思わず感嘆のため息をついてしまう空間です。

何枚も写真を撮ったけど、見た風景そのものが撮れなかったのが悔しい。
本当は、もっともっときれいだったのに!

早い時間ほど部屋の奥まで光が届くので、だんだんと奥の壁から床の絨毯へと光の筋が降りてくるようすが見られます。ステンドグラスの鮮やかで温かな光に満たされたモスクは、光の映りかわりをずっと見ているだけでも、しばらく飽きそうにありませんでした。

実際、1時間ちかくいたような……。

あまりにモスク内が素晴らしくて、私のなかではモスクの外の見どころがちょっと霞んでしまったくらい。朝から大満足な私たちですが、この日はさらにビッグな見どころへと向かいます!

その話は、また次の記事で♪(▰˘◡˘▰)

なんでもコメントしてください!

関連記事

初のセルフ国境越え!イラン(タブリーズ)からトルコ(ワン)まで。

サラーム!ヒロアキです。 10日間滞在したイランともついにお別れ。 今日は陸路トルコへと向かいます! タブリーズはト...

記事を読む

中東のメトロポリスは規模が違う!

アッサラームアライクム! naruです。 ネパールから一気に飛んできたのは、アラブ首長国連邦のひとつドバイ! オイルマ...

記事を読む

大げさだけど「世界の半分」を手に入れた気分

サラーム、naruです。 リアルタイムはチェコのプラハ。冬の東欧は寒い! 12月半ばから止まらない鼻水で、鼻の下が荒野の...

記事を読む

イラン入国に4時間かかりました。

サラーム!ヒロアキです。 ドバイで食あたりにあって、ドバイ観光は大変でした。けっこうボロボロですが、そのまま深夜のフラ...

記事を読む

トルコ入国3日目にして警察のお世話になる

メルハバ!ヒロアキです。 ワンの街がいい雰囲気で、もっと滞在したかったのですが、トルコ滞在は約2週間で次の予定が決まっ...

記事を読む

言葉が通じないタクシーをチャーターして・・・

サラーム!ヒロアキです。 シーラーズの、いやイランの一大観光スポットと言っても過言ではないのが『ペルセポリス』です。ア...

記事を読む

カッパドキアで絶対に乗りたかったもの!

メルハバ! naruです。 リアルタイムはスウェーデン。首都ストックホルムをさらりと飛ばして船で約3時間、ゴットランド島...

記事を読む

イランについて知った3つのこと

サラーム! naruです。 イランに来て、驚いたことがいくつかあります。 1.想像以上に都会だったこと 街路樹が多く...

記事を読む

親切なエロイラン人に案内してもらった話

サラーム!ヒロアキです。 テヘランから次の都市、シーラーズへと移動します。イランはバスがものすごく発達しています。主要...

記事を読む

ワンの街をぶらぶら・・・トルコいい国!

メルハバ!ヒロアキです。 トルコに入って2日目。昨日着いたのが夜遅かったのでごはんを食べただけでしたが、今日は早速街を...

記事を読む

ad

ad

NEW ENTRY

  • ブログ村ランキング

    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周 クリックして応援をよろしくおねがいします