歩いてまわるホエンキアム湖〜ホアロー収容所

シンチャーオ! naruです。

今日はhiroさんから「ほんと黒くなったね」としみじみ言われて、知ってたけどちょっとショックでした。日焼け止めを塗りまくっている日々の努力は、あまり報われていないようです(涙)。

 

さて、色々とまわったハノイ市内ですがまだ名所はいくつかあります。サパへ行く前に、行きたいところは全部まわっておかなくちゃ!

ハノイの街はごちゃっとしていて最初はちょっと不安だったけど、慣れてきたら歩き回るのもだんだん楽しくなってきました。街路樹には、こーんな感じで鳥かごもぶら下がってたり。木漏れ日が気持ちよさそうないい場所です。

DSC04728 DSC04777

かと思えば街中の歩道に、唐突に鶏が歩いてたりします。
「まさか食材?」と思ったのですが、さすがに違いました。飼ってるらしいです。ここで飼うのも不思議だけど!

DSC04778

 

てくてく歩いて到着したのはホエンキアム湖。ぐるっと30分くらいでひとまわりできるくらいの大きさの湖で、真ん中に玉山祠という島があり渡ることができます。有料だったのでちょっと悩んだけど、せっかくなので行くことに。

DSCF3215

こじんまりした島ですが、1968年に発見された大ガメが剥製として展示されています。真っ黒でグロテスクでちょっと写真うつりもイマイチだったので載せるのは控えます……。実はこの湖にはカメにまつわる伝説が。その昔皇帝がこの湖から授かった宝剣で戦に勝利し、国が平和になったあと、湖に浮かぶ小島で湖の主である大ガメに剣を返してめでたしめでたし、というもの。

剣を返した小島は渡れないのですが、今も湖にぽっかり浮かんでいます。 DSCF3240

大ガメが見つかったときは「あの伝説のカメか!?」とけっこう話題になったとか。

 

湖沿いは木が自然みたっぷりのアスレチックみたいになっていました。
私も木登りしてみたーい!

DSCF3216

ベトナムの伝統的な服装アオザイを着て写真撮影をしてる人も何組かいました。
たぶん結婚記念の写真かな〜? こういう文化は日本と変わりませんね。楽しげな空気が伝わってきて微笑ましいです。

DSCF3238

 

湖からちょっと足をのばして、ハノイでぜひ行きたいと思っていた「ホアロー収容所」へ。ベトナムがフランス領だった19世紀末、フランスによって建てられた監獄です。今は当時の様子がわかる博物館として、一部だけが残されています。

DSCF3180

こんな感じで壁が途中で切れています。昔は隣に建つハノイタワーの敷地までずっと壁が続いていて、かなり広い収容所だったとか。

高い壁の上には……

DSC04786

ガラス瓶を割った破片がびっしり埋め込まれています。見てるだけで痛い……。

DSC04785

フランスに抵抗するベトナム人を収容し、処刑も行っていたそう。

収容所を閉ざしていた重々しい当時の門が、今は屋内に展示されています。

DSC04788

足かせをつけられた状態で、両脇にぎっしり詰め込まれていた様子。

DSC04790

等身大の人形がかなりリアルで怖いくらいです。

DSCF3343

独房に至っては目が合うので、まともに覗けません。

DSC04791

こういう暗部とも言える場所を怖いと思いつつも真剣に見ている時に、うしろから「わあっ!」ってやる人いますよね。私はそれをされてキレそうになりました。hiroさん、やめてくれ〜〜〜〜!

これは当時の下水道。
フランス統治時代や日本占領時代、ここから脱獄を成功させた収容者もいたそう。

DSC04792

こんな感じ。

DSC04794

実際に使われたというギロチン台もありました。
マリー・アントワネットのギロチン処刑のイメージもあって、こんなところでフランスっぽいなあと思ってしまいました(汗)。

DSCF3352

 

第二次世界大戦が終結し、その後の独立をめぐる戦いも終わりフランスが退いたあとすぐに始まったベトナム戦争で、今度ここはアメリカ人捕虜収容所として使われるようになります。

が、これまで展示されていた過酷な収容所生活とは一転し、収容所生活はなんだか自由な雰囲気。持ち物の展示の中にはタバコの箱も。捕虜なのに吸えたんですか??(汗)

DSC04798

クリスマスには、飾り付けもしちゃうよ!

DSC04799

当時の映像では、ベトナム音楽の生演奏を格子越しに楽しむアメリカ人の姿も映っていたりして、むしろ捕虜の待遇としては悪くない印象でした。戦時中は収容所での過酷な生活を皮肉って「ハノイ・ヒルトン」と呼ばれていたというけれど、この展示が本当なら本当の意味でヒルトンです。

とはいえ、ベトナムも社会主義国家。多かれ少なかれ、いい部分だけを誇張している可能性は大いにあるとは思います。ベトナムでの捕虜生活を描いた「ハノイ・ヒルトン」という映画があるらしいので、日本に帰ったら見てみたいな。

 

収容所の一角は慰霊碑に。ベトナム人が収容され拷問されたり処刑された場所に、今度はアメリカ人捕虜を閉じ込めて同じようなことしないといけなかった時代が、ベトナムには私が生まれるほんの10年前まであったという現実。この場所が、この先もずっとただの博物館としてだけあれるような平和が続くことを祈ります。

DSCF3348

 

ホアロー収容所を出て、ハノイ大教会へ。白い石で建てたけど、今はカビなどでこんな色らしいです。なんてこった!

DSCF3250

教会で少し休憩したら、再びホエンキアム湖沿いを歩きます。さっき渡った島を、今度は対岸から眺められます。けっこう絶え間なく人が渡ってるなあ。

DSC04809

湖のまわりは市民の憩いの場。夕方の時間帯だったこともあり、子どもが遊んでいたり、大人は体を動かしていたり。

DSC04811

マッチョ集団も発見しました! 思わず撮ったこの胸筋、すごくないですか。

DSC04810

のんびり読書もいいなあ。

DSC04812

街の中心に緑に囲まれた水辺があるっていいなあ。

そんなことを思いながら、宿へ帰って、いよいよサパに出発です。

 

 

なんでもコメントしてください!

関連記事

クアラルンプールでイスラム文化に触れる

僕は調べるまで知らなかったのですが、マレーシアはイスラム国家です。 今までイスラム圏に足を踏み入れたことがなかった...

記事を読む

旅の中間報告〜アジア前半・お金編〜

こんにちは! naruです。 中間報告も第3弾で今日が最後。日本を出てからミャンマーまで10カ国(台湾、香港、マカオも1...

記事を読む

インドビザ取得@ヤンゴン【2014年9月情報】

ミンガラーバー! naruです。 ヤンゴンにしばらく滞在することになったので、この期間を利用してインドビザを取得するこ...

記事を読む

親切なミャンマー人におごってもらった話

ミンガラーバー! naruです。 さてヒロさんが先生をしている間、私は次の国インドとの戦いに備えて英気を養うべく(...

記事を読む

殺戮の地、キリングフィールドへ。

チョムリアップ・スオ! naruです。 プノンペンでは日本人に有名な安宿「キャピタルゲストハウス」近くの姉妹店「ナイス...

記事を読む

ミャンマーで食あたりするの巻

ミンガラーバー! naruです。 Wi-Fiダメダメのバガンを脱出したので、今日はリアルタイム報告の記事をひとつ。 ...

記事を読む

歴史を語る街・マラッカ

スラマッ トゥンガハリ! naruです。 タオ島で一緒になった日本人ダイバーさんからも薦められた、世界遺産都心マラッカ...

記事を読む

旅の中間報告〜アジア前半・感想編〜

こんにちは! naruです。 いつも「たびカメ」をご覧いただきありがとうございます。 ミャンマーで東南アジアの旅を終え...

記事を読む

本格遺跡アスレチック『ベンメリア遺跡』

チョムリアップ・スオ! ヒロアキです。 プノンペンからシェムリアップにやって来ました。 バスで6時間ほど、$6...

記事を読む

ミャンマーで1週間だけ働きました

ミンガラーバー!ヒロアキです。 ヤンゴンに到着してその日にだいたいの観光を終わらせてしまった僕達ですが、結局1週間...

記事を読む

ad

ad

NEW ENTRY

  • ブログ村ランキング

    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周 クリックして応援をよろしくおねがいします