殺戮の地、キリングフィールドへ。

チョムリアップ・スオ! naruです。
プノンペンでは日本人に有名な安宿「キャピタルゲストハウス」近くの姉妹店「ナイスゲストハウス」に泊まっていた私たち。ちょっと高いエアコン付きルームしかなかったけど、連泊するからと交渉して割引してもらいました。ルームクリーニングは入ってくれるし、廊下の観葉植物を毎日ベランダに出して日光浴させてる優しさも素敵だしオススメです。

宿の前には、毎朝大勢のトゥクトゥクドライバーがいます。

「今日はどこ行くの?!トゥクトゥク!?」

毎日これでもかと営業をかけられるので、hiroさんは思わず「NO TUKTUK TODAY」と書かれたTシャツを買ってしまったくらいです。効果は0ですけど!

 

声をかけられると二言目には出てくるのが、

「キリングフィールド行った?!」

です。

キリングフィールドというのは、1970年代にポル・ポトの独裁政権下で虐殺が行われた場所の総称。キリングフィールドはカンボジア全土にあって、中でもプノンペン市街地からトゥクトゥクで約30分の場所にあるチュンエク処刑場は規模の大きなもの。

私たちはキリングフィールド往復と、同じ時代の負の遺産トゥールスレン刑務所への往路でトゥクトゥクをチャーターしました(13USドル/約1,300円)。プノンペンは街の中心地を外れると、一気に何もなくなります。つい3日前までいたベトナムと比べて発展の差を感じずにはいられません。

DSCF3862

とはいえ土埃にまみれながらも、いいお天気の中風をきって走るのは気持ちいい! 実はタイやベトナムでもこういう乗り物はあったのですが、交渉の煩わしさや交通費の節約のため、一度も乗ったことがなかったんですよね……。ここにきて、はまりそうな私たち。

 

到着したらチケットを購入(6USドル/約600円)。東南アジアの観光地にしてはめずらしく、日本語のオーディオガイドも無料で貸出してもらえます。それもそのはず。

私たちが到着したそこには、ただただ野原が広がるだけ。

DSC05168

当時あった処刑場の建物などはポル・ポトの失脚後、怒り狂った市民たちによって跡形もなく壊されてしまったそうです。

DSC05169
今は穏やかにしか見えないこの土地で何があったか、ガイドを聞きながらまわります。

ポル・ポトの思想は究極の反資本主義。学問や知識は理想の「完璧な共産主義社会」を脅かすものでしかありませんでした。学校や病院は閉鎖。学者や医者などの知識人はもちろん、眼鏡をかけていたり、文字を読もうとしただけでも処刑されたといいます。

プノンペンなど大都市の住民は家も財産も強制的に放棄させられ、家族ちりぢりに地方の集団農場で過酷な労働を強いられ、街はたった1日でゴーストタウンになってしまったそうです。

だから全てが終わったあとも身一つしかなかった人々は、壊した建物の資材を使って自分たちの家を建て、この場所を作物をつくる畑にしました。ここが何のための施設だったか知ったのは、作物を収穫するために地面を掘り起こしたときに、おびただしい数の骸骨を見つけてから。

DSC05175

覗くのも怖いその場所と、掘り起こされた当時の写真。
地面を埋め尽くすように頭蓋骨が並ぶ写真は、ちょっと信じがたい光景です。

キリングフィールドには芝生で覆われた穴がいくつもあるのですが、この全てにたくさんの人が埋められていたのだそう。

DSC05182

併設の建物内には、当時の様子を描いた絵もあります。

DSC05188

殺害のための道具も用意されたものではなく、例えばこの木。

DSC05174

木の皮はしなって見えるけれど、触るとびっくりするくらい堅い。
鋭くなっている先の部分で、人の喉を切り裂いたといいます。

DSCF3867

木の皮のほか、使われたのは竹の棒やただの農具。
「あるもので殺す」という、異常な切迫感がおそろしい……。

DSC05186

しかも虐殺はカンボジア人同士で行われたということが、よけいに凄まじさを感じさせます。ポル・ポトは自身が組織したクメール・ルージュに人々を監視・虐殺させる一方、組織内でもたびたび処刑を行うことで、誰にも絶対の立場を与えなかったのだといいます。

 

DSC05180

時々足元の土からはみ出ている布きれは犠牲者のものだというから、背筋がぞっとします。こんな風にまだ回収しきれていない衣類が、雨風にさらされるたびに出てくるのだそう。

男性、女性、大人、子ども。
回収されたいろいろな人の服の一部が、ボックスに展示されています。

DSCF3872

わざとこんな風に残してある場所もありました。

DSC05183

 

たくさんのミサンガが括りつけられている木は、赤ちゃんの頭を叩きつけて殺した木。

DSCF3874

DSC05187

さっきの服と一緒で、掘り出された骨を展示しているボックスもありました。

DSCF3876

 

チュンエク処刑場の中心にある木には大きなスピーカーがつけられていて、毎日大音量の音楽がずっと流されていたのだそう。犠牲者の悲鳴をかき消すためと、ここがただのクメール・ルージュの集会場と思わせるためだったとか。

DSCF3878

慰霊塔が、ガイドが案内する最後の場所です。

DSCF3883

塔の中心には掘り起こされたたくさんの頭骸骨が、天井高くまで積まれていました。
シンと静まり返った慰霊塔は、犠牲者の安らかな眠りを祈るためのものとはほど遠く、私にはむきだしになった犠牲者の亡骸が今にも叫び出しそうに自分に起きた残酷な現実を必死に伝えてくるようでした。

息が詰まりそうな慰霊塔を出ると、太陽の光がジリジリと暑い。それでも目の前の生々しさから開放されて、肩の力がフッと抜けます。今はもう何もなくなってしまったこの場所を観光客が訪れるのを見て、犠牲者の人たちが「平和になったなあ」と思ってくれてればいいんだけど。

午後は処刑場へ送られる前に人々が監禁された「トゥールスレン収容所」へ行きます。

 

 

なんでもコメントしてください!

関連記事

カラフルな少数民族マーケット♪(でも少し臭う!)

シンチャーオ! naruです。 楽しかったサパツアー最後の一泊はホテルで、バスタブがあったので久しぶりにお湯につかりま...

記事を読む

チキンライス対決!inホーカーズ

ハロー! naruです。 シンガポールといったら、マーライオン!マリーナベイサンズ! あともう一つ気合を入れて向...

記事を読む

中央郵便局で荷物を送るよ!

シンチャーオ! naruです。 旅に出て約1カ月半が経ったこの日、持ってきたけど使わなくなったものや旅先で購入したもの...

記事を読む

食あたりした私たちの元気のもと

ミンガラーバー! naruです。 パゴダはもちろん遺跡の仏像にまで謎のLED後光をつけるミャンマーですが、ついにマンダ...

記事を読む

東南アジアで一番快適だった宿

シェムリアップを駆け足で観光した僕らは、一路ミャンマーへ向かいます! ミャンマーは長らく鎖国状態にあった国で、他の...

記事を読む

ベトナムなら生きていけるかも、と思った理由

シンチャーオ! naruです。 リアルタイムは、カンボジアの首都プノンペンです。次の国ミャンマーのビザを取るために滞在...

記事を読む

ベトナムのよいところを凝縮した街

シンチャーオ! naruです。 ハノイから夜行バスで約17時間。やってきたのは古い町並みが残るホイアンです。 今...

記事を読む

贅沢ハノイめぐり♪

シンチャーオ! naruです。 リアルタイムはまだプノンペン。1ヶ月半前にオープンしたばかりのカンボジア初イオンモールで...

記事を読む

バガン遺跡群を巡るサイクリング

ミンガラーバー!ヒロアキです。 今日はひとつみなさんにお知らせがあります。 コメントしてもいいんですよ???...

記事を読む

歌と踊りの伝統的なお祭り・・・・?

ミンガラーバー!ヒロアキです。 さて、昨日に引き続き今日も自転車でバガン遺跡を巡ります! 遺跡を見ていると早速子ども...

記事を読む

ad

ad

NEW ENTRY

  • ブログ村ランキング

    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周 クリックして応援をよろしくおねがいします