本格遺跡アスレチック『ベンメリア遺跡』

チョムリアップ・スオ!
ヒロアキです。

プノンペンからシェムリアップにやって来ました。
バスで6時間ほど、$6.25です。

シェムリアップはアンコールワットが人気ですが、その他にも数々の遺跡があります。

ベンメリア遺跡もその一つ。『天空の城ラピュタ』のモデルになったと言われているこの遺跡は、崩壊した遺跡に植物が絡みつき、本当にラピュタの様相を呈しているそう。

行った人の評判も良いし、アンコールワットそっちのけでまずはベンメリアに行くことに。

 

ベンメリア遺跡は内戦の影響による地雷が多く、撤去作業が完了して観光客に公開されたのは2001年だそう。

ん?ラピュタの公開は1986年。

・・・・

まあいっか。ベンメリアはラピュタっぽい遺跡には間違いない!

 

ベンメリア遺跡はシェムリアップから約60kmと遠いので、トゥクトゥクで2時間ほどかかります。

ゲストハウスで出会った日本人のマリナさんを誘って3人で行くことに。往復$30。

(ゲストハウスで手配したトゥクトゥクなので、街で流しを捕まえればもうちょっと安いと思う。)

シェムリアップを離れ、舗装されてない赤土の道を行きます。

DSCF3990

舗装されてない道なので穴がボコボコあいてます。トゥクトゥク乗ったことある方は分かると思うんですけど、むちゃくちゃ揺れます。

座ってても体が飛び上がるくらい揺れます。

その揺れの中、マリナさんはなんと爆睡していました。

僕は乗り物であんまり眠れないんで、正直ちょっとうらやましいです。

 

2時間弱ほどでベンメリア遺跡に到着。

入場料が1人$5です。

(チケットブースのトイレは意外ときれいなんで、ここで行っときましょう)

遺跡への入り口のRPGに出てきそう感が半端ないです!

入り口でこっちだよと手招きする人たちがいますが、彼らはガイドでチップが必要なんで、無視していいです。

さて、ベンメリア遺跡には2つの楽しみ方があります。

  • 普通に遺跡を見学コース
  • 遺跡でアスレチックコース

普通の見学コースの方はここから入りましょう。

DSCF4054

歩きやすい普通の階段ですね。

アスレチックコースの入り口はこちらです。

DSCF3998

えっ?!って言うくらい完全に廃墟ですが、ここから入れます。

崩れ落ちた石材の足場を進みます。

DSC05340

本物の遺跡でアスレチックしてる!楽しい!!

DSC05338

けっこう高い場所もあり、落ちたら即ゲームオーバーです。

DSCF4017

足場がグラグラしてる石もあるので、注意してください。石に潰されても即ゲームオーバーです。

DSC05293

また、ベンメリア遺跡の地雷撤去は完了しているはずですが、周辺のジャングルなどはまだ危険らしく、こちらも即ゲームオーバーです。

DSCF4021

遺跡に木の根が絡みついている様子は確かにラピュタでした。

DSCF4008

遺跡の瓦礫の山。

DSC05302

2時間ほど楽しみました!そこまで広くないので、2時間あれば十分だと思います。

また2時間かけてシェムリアップに帰ります。

帰りのトゥクトゥクでもマリナさんは爆睡していました。

そして寝てる間にiPhone落としちゃったみたいで、かなり大変でした。

泊まってたcity guest houseの金子さんに警察に一緒に行ってもらってました。

金子さんマジ良い人です。

(ちなみに紛失証明書は当然のように賄賂必要らしい)

落し物、忘れ物には気をつけよう!!!

DSCF4064

ベンメリア遺跡で7up買ったらビックリするくらい炭酸抜けてたので、缶の年季の入り具合に注意して買うように。

なんでもコメントしてください!

関連記事

未知の国ミャンマーに上陸!

ミンガラーバー! ヒロアキです。 順番が前後しちゃいましたが、ミャンマーのファーストインプレッションをお伝えしま...

記事を読む

クアラルンプールでイスラム文化に触れる

僕は調べるまで知らなかったのですが、マレーシアはイスラム国家です。 今までイスラム圏に足を踏み入れたことがなかった...

記事を読む

東南アジアでケンカ売りたくない国No.1

シンチャーオ! naruです。 写真を保存してるdropboxに繋げなかったミャンマーから脱出し、「こわいよ〜」と言い...

記事を読む

旅の中間報告〜アジア前半・感想編〜

こんにちは! naruです。 いつも「たびカメ」をご覧いただきありがとうございます。 ミャンマーで東南アジアの旅を終え...

記事を読む

さよならミャンマー!さよなら東南アジア!!

ミンガラーバー!ヒロアキです。 今日でミャンマーとはさよなら。 ついに僕らはインドへと向かいます! インドまではマン...

記事を読む

殺戮の地、キリングフィールドへ。

チョムリアップ・スオ! naruです。 プノンペンでは日本人に有名な安宿「キャピタルゲストハウス」近くの姉妹店「ナイス...

記事を読む

ホイアンの食の秘密って?

シンチャーオ! naruです。 リアルタイムはヤンゴンでインドビザ申請中です。インドの試練はここからはじまると言われる...

記事を読む

ヤンゴンで1週間ミャンマー人の先生をしてみて

ミンガラーバー!ヒロアキです。 皆さんお気づきでしょうか? 昨日からこのブログのデザインがちょっと変わりました!...

記事を読む

東南アジアで一番快適だった宿

シェムリアップを駆け足で観光した僕らは、一路ミャンマーへ向かいます! ミャンマーは長らく鎖国状態にあった国で、他の...

記事を読む

旅の中間報告〜アジア前半・お金編〜

こんにちは! naruです。 中間報告も第3弾で今日が最後。日本を出てからミャンマーまで10カ国(台湾、香港、マカオも1...

記事を読む

ad

ad

NEW ENTRY

  • ブログ村ランキング

    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周 クリックして応援をよろしくおねがいします